Just another WordPress site

椎間関節症

椎間関節症

  • 背骨は24個の骨が首から腰まで繋がっています。
  • その骨の後ろには脳に刺激を送る大切な神経の塊(脊髄)があります。
    その脊髄を木でたとえると幹の部分になります。その幹から出ている枝が脊髄神経と言います。
  • 24個の骨のあいだには穴(椎間孔)があり、その穴から脊髄神経が出て手足や様々な臓器に指令を送っています。その穴が狭くなり脊髄神経を圧迫すると色々な障害が起こってきます。それが椎間関節症です。

椎間関節症の症状

guide_001

 

椎間関節症って治るの?

  • この症状には2つのパターンがあります。
  • 1つは骨の並びの歪みによって神経が通る穴が小さくなり神経が圧迫されて腕や手に痛み、痺れを起こす。
    これはカイロプラクティックで治療がおこなえます。
  • もう1つは骨(椎体)自体に変形をきたし神経が通る穴が小さくなり神経が圧迫されて腕や手に痛み、痺れを起こす。この骨の変形は病院でないと治癒しませんが、カイロプラクティック治療で多少の痛みの改善は出来ます。

神経が通る穴が狭くなる原因は様々あり、その症状によって治療法は異なってきます。
当院では症状に併せてレントゲン撮影を行ったり、症状別の治療を心掛けております。

guide_007 guide_008 guide_009 guide_009_2
通常の椎間板
神経を通る孔が確保されている状態
椎間板がへたって骨と骨の間が狭くなり神経を通る孔が狭くなっている状態(スポンディローシス) 骨が変形し神経を通る孔が狭くなっている状態 関節のズレにより神経を通る孔が狭くなっている状態
PAGETOP
Copyright © さのカイロプラクティックセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.